After Effects 2020に表示するIntel HDグラフィックスはサポート外とのエラーメッセージ

以前何度もAdobeCCの大型アップデートで大変な目にあったことがあったので、いつも旧バージョンを使いながら、時間の余裕があるときに最新バージョンをダウンロードして検証する習慣があった。しかし先週After Effects 2020へのアップグレードを行った際にうっかり2019を削除した。その時に限ってトラブルが発生する。0316_startup

症状:After Effects 2020を起動すると、「System Compatibility Reportシステム互換性レポート」のポップアップ画面が表れ、インテル製HDグラフィックスは対象外と説明があった。

検証:方法1.そのポップアップ画面にある「Fix」ボタンをクリックしてみる。すると、アドビのサポートページに飛んでIntelグラフィックスドライバーインストールを促された。しかしインストールしてみると、「システムの最低要件満たしていないため、インストールは中止する」とのメッセージが表示された。も0316_jumpともとHDグラフィックスはCPUと一体になっているため、世帯違いのCPUに合ったドライバーが必要ではないかと考え、自分の新第4世代(Haswell Refresh-i7 4790K)用のドライバーを入れてみました。今度無事にインストールできましたが、Aftereffects2020を立ち上げると、まだ同じ画面が出てきて、バグというしかありません。

方法2:「Continue with known issues…」リンクをクリックして、だまして使い続ける。すぐに気づいたのはレンダリング画面のちらつきが目立つようになった。ほかまだ使い込んでいないが、それだけかなりストレスになるから、やめた。

やれやれ、まだ迷惑なことするだなと思いながら英語のページに検索してみると、アドビフォーラムに2019年11月から海外ユーザから同じトラブルの報告を上げていた。しかしサポートの助言は最新インテル製グラフィックスのドライバーを更新するだけ。これはアウト!

結論:After Effects 2019(V16)に戻して利用する。

自分パソコンのスペック:マウスコンピュータi7-4790K、32GB DDR3メモリ、Quadro K4200、3TBHDD、Windows 10 home (1909)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中