Modo12にポリゴンから変換したカーブがレンダリングされない問題について

Modo902にポリゴンメッシュをスクリプト(Convert Polygon to PolyLine)でカーブに変換して、「Curve」の「Properties」の「Render Curve」にチェックしておけばレンダリングできます。「Curve Radius」を調整して太さも変えられすが、Modo12にはレンダリングできないというトラブルがありました。最初バグかと思いModo12.0をModo12.2 に更新してみました。やはり同じ結果です。

modoscreen0123-4

問題原因:Modo12.2に適当にカーブを描いて「Render Curve」にチェックすると、レンダリングできます。なぜ?もしかしてポリゴンから変換したカーブに相性が悪くなりましたか?modoscreen0123-2

しばらくいじて「Render Curve」の下にある「Render Curve as Polygon」項目が気になってきました。今まで使ったことがなく、「Render Curve」との違いも分かりませんでした。とりあえずチェックを入れてみて、レンダリングができました!modoscreen0123-3

Modo12に新規カーブを作成して、「Render Curve」だけレンダリングできますが、ポリゴンメッシュから変換したカーブはそのままレンダリングできません。なぜいままでできたことをできないようにしたのか気になります。開発者の考え方かユーザのフィードバックか分かりませんが、自分には使い勝手半端ない悪くなります。例えば環境マップに関して、902まではパラメータ使わなくても回転ツールでそのまま自由調整できますが、11からはパラメータ若しくは隣のスピナーボタンで、効率悪ぅ!

Luxology時代のModoはすごく軽くて直感的に使いやすかったです。僕の一番気に入りはModo601でした。Modo101の時にマウスの操作仕方になれなくて、モデリング機能しかなく特に興味がなく、Mayaをずっと使っていましたが、Modo601の時にマウスマッピングによりMayaの操作方法も利用できることを知り、レンダリングにも良くて頑張って自習していました。その後3DメインツールはMayaから完全にModoになりました。

しかしFoundryの傘下に入ったModoは801はよかったものの、901/902/Modo11は自分には最悪の選択肢になりました。ライブレンダリング状態でカメラを操作すると素早くクラッシュ。Modo12に間違ってマウスポイントがオブジェを選択できず、空の画面にドラッグするとフリーズかクラッシュ、とにかくクラッシュしまくりどうしようもなくて、おかげてメンタル面には我慢強くなりました。またModoが更新するたびに前のカスタマイズした画面や、操作方法、バッファーパスなど全部リセットされて、やり直しの羽目に。Adobe CCと比べると雲泥の差です。アドビの年会費を払っても更新するたびに目を張る機能が増えて、価値があると思いますが、Foundryには年間5万円近く払っても使い勝手がますます悪くなって、ただ嫌がらせかと感じてしまいます。Cinema4Dにしようかとよく思いますが、Cinema4Dのレンダリング速さはModoに勝たないですね。

メモ:

Modo12.2更新するといくつ変更され戸惑い部分がありますが、その中にカスタマイズの時に分かりづらかった点をメモしておきます。

更新したModoにデフォルトでポリゴンメッシュの頂点「Vertices」が表示されます。複雑なモデルになるととても見づらく、操作性も落ちるから(グラボはnVidia Geforce GTX1060)以前の表示に戻します。

変更方法はキーボード「O」キーを押してオプション画面を開き、「Inactive mesh」タブにある「Display-Show vertices/Alwasys」メニューをクリックして「None」を選択すれば頂点(Vertices)が消え、見やすくなります。modoscreen0123-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中